7月山口秀晴先生のMFT講習会

image1image2

第1回浅草歯科医師会学術講演会

不正咬合の治療に必要なMFTについて
山口秀晴先生 前東京歯科大学教授

MFTとは、マイオファンクショナルセラピーの略です。
歯は舌と頬の筋肉の間にあるので、
それらの動きに合わせた位置に並びます。
MFTは舌の動きや口の周りの筋肉の動かし方などを練習して、
矯正で治した歯並びを後戻りしないようにする方法です。

山口秀晴先生の著書がでたので、
ぜひそれも参考にして、舌の動きに対する知識を
患者さんと共有していきたいです。