口腔筋機能療法(MFT)

舌の位置はどこか? 普段、歩いているときやテレビを見ているとき、電車やバスに乗っているときなど、舌の先はどこにありますか?

まずは、自分の舌の位置を確認しましょう。

  • 1上あごのうらにくっついている
  • 2上の前歯のうらにさわっている
  • 3上と下の前歯の間で咬んでいる
  • 4下の前歯の上にのっている
  • 5くちびるの裏をさわっている
さて、どれだったでしょうか?

正解は、①上あごのうらにくっついている、が正しい位置です。
②から⑤を選んだ人はいわゆる「癖」舌癖(ゼツヘキ)があります。

舌癖(ゼツヘキ)とは?

いつも舌が下の方や前の方にあり、歯を後ろから押す人のくせをいいます。 舌癖があると歯並びに影響がでやすくなります。 舌癖の人は、飲み込むときに、舌にさらに強い力が加わって、歯が前に押し出されます。 そのときくちびるやほほの筋肉が弱いと、外側から歯を支えることができません。 その結果、「出っ歯」になったり、「すきっ歯」になったりして、上と下の歯のかみ合わせが悪くなります。 特に、鼻から呼吸がしにくい方など常に口が開いている人は要注意です。  また、発音もしにくくなることがあり、特にサ行、タ行、ナ行、ラ行では舌たらずな発音になります。

舌癖になりやすい人は?

舌は姿勢と関係あります。猫背や前かがみだと、舌は重力で下前方へ下がってしまいます。 いつも口を開けている人は、口呼吸になり、空気の通路を作るため、舌が上に挙がらない習慣がついてしまいます。 鼻やのどの病気があるかもしれません。 また、もともと舌の下あるひだが短いと舌を上に挙げられません。 ひだが短い人は歯科で手術して長くすることができます。  子どものころからの習慣はなかなか取れないものですが、トレーニングをすれば少しずつ改善していきます。 舌の位置はとても大事なので気をつけましょう。