main_01
main_01
main_01

小児歯科

小児歯科

大人と異なり、常に変化し続ける子どものお口のなか。その治療には専門的な知識が必要となります。そうした子どもの口腔内を診療するのが小児歯科です。

小児歯科では、虫歯予防をはじめ、歯並びの管理などを継続的におこないます。そして、虫歯のない健康な歯と美しい歯並びを獲得することを目標とします。

子どもの歯にこんな悩みはありませんか?

  • 子どもの虫歯予防、どうしたらいい?
  • 子どもの歯並びをきれいにしたい。
  • 子どもが歯みがきを嫌がります。

小児歯科とは

子どもの歯は乳歯が生え始め、やがて乳歯が抜け、永久歯が生え始め……と、常に成長し、変化し続けます。
小児歯科では、そうした成長過程を考慮しながら乳歯の健康を守り、永久歯への健全な生え変わりをサポートしつつ、虫歯の予防や治療をおこないます。


さらに、お子さまのお口の健康を守るため、保護者への歯科指導もおこないます。


小児歯科は、一般的に0歳から18歳までを対象とします。

小児歯科にかかるタイミング

小児歯科にはいつ頃からかかったらいいのでしょうか?

一般的には、1歳半や3歳の集団検診で初めて歯科医の診察を受ける子が多いです。しかし、3歳で初めて歯科医にかかり、虫歯がたくさん見つかってしまう、というケースが見受けられます。

そうした乳歯の虫歯を防ぐためにどうしたらいいでしょうか?

当院では、乳歯が生え始めたら小児歯科を受診することをおすすめしています。

乳児の頃から小児歯科を受診する大きなメリットは、歯医者に慣れるということ。赤ちゃんの頃から歯科医院に通うことで治療に対しての恐怖心をなくしてくれ、万一虫歯になったとしても、スムーズに治療を進めることができます。


また、早い段階で保護者が歯科医師から子どもの虫歯の予防方法や子どもの口腔ケアについて指導を受けることで、お子さまの口腔内の健康への意識づけが違ってきます。

小児の虫歯の特徴

小児の虫歯の特徴

子どもの歯は大人の歯にくらべて虫歯になりやすく、進行が早いという特徴があります。


それは、子どもの歯の表面にあるエナメル質やその下にある象牙質が未熟なためです。


ですから、「まだ大丈夫だろう」と放置した小さな虫歯があっという間に進行してしまった、というケースはよくあります。子どもの歯の異常に気がついたら、できるだけ早く小児歯科を受診することが肝心です。


小児歯科でおこなう主な虫歯治療

定期検診

子どもの虫歯を予防するのに大切なのが定期的な検診です。


歯科医師や歯科衛生士による定期的な健診をおこない、虫歯の有無はもちろんのこと、お口の清掃状況などをチェック。さらに、不正咬合を誘発する因子がないかなど、歯並びに関するチェックなどもおこないます。

定期検診

歯みがき指導

乳歯は永久歯に比べてエナメル質や象牙質が薄いため、虫歯になりやすく進行しやすいのが特徴です。また、乳歯から永久歯へ生えかわる時期は虫歯予防においてとても大切な期間で、生えかわった永久歯を虫歯にしないことが重要になります。


当院では、お子さまのお口の健康を守るため、正しい歯みがきのしかたを指導しています。さらに、子どものお口の健康を守るためにご家庭でのサポートは必須です。保護者へのアドバイスをおこない、適切な仕上げみがきのしかたなどもお伝えします。

歯みがき指導

シーラント

虫歯の原因となる歯垢(プラーク)がたまりやすい奥歯の溝を歯科用レジン(プラスチック)で埋めて、虫歯を予防します。お子さまの奥歯の溝にはみがき残しが多く見られるため、シーラントはとても有効です。

フッ素塗布

フッ素は再石灰化を促進し、歯の修復を促します。当院では歯に付着した歯垢(プラーク)をきれいに取り除き、その後フッ素を歯面へ直接塗布していきます。フッ素塗布は3~6か月に1回のペースで定期的におこなうとより効果的です。

小児歯科の流れ

STEP1問診表の記入

STEP2お口の検査

お子さまのお口の状態をチェックします。

STEP3口腔内の状況、治療方針の説明

検査の結果をもとにお子さまのお口の状態、生活習慣などにあった治療計画を作成し、ご説明します。

STEP4ご家庭での注意点の説明

ご家庭での歯のみがきかた、食生活の注意点などをご説明します。

STEP5治療

歯のクリーニング、シーラント、フッ素塗布、虫歯治療をおこなっていきます。
緊急に治療を必要とする場合を除き、まずは歯医者に慣れることを第一に、無理にせず、ゆっくりと治療を進めます。

小児歯科では、お子さま、保護者、歯科医師の三者の関係が大切です。疑問や不安なことがありましたら、遠慮なくおっしゃってください。

年齢によって虫歯になりやすい場所

子どもの歯は、年齢によって虫歯になりやすい場所は異なります。以下を参照し、その部分を念入りにみがき、虫歯のリスクを減らしましょう。

1〜2歳児

前歯。特に上の前歯。
授乳している途中でそのまま寝てしまうことが原因。授乳中に赤ちゃんが寝てしまったら、タイミングを見計らって歯みがきをしましょう。

2〜3歳児

歯間と奥歯の噛み合わせ部分。
お菓子を食べたり、ジュースを飲んだりしたあと、歯みがきをしないで寝てしまうことが主な原因。歯みがきしてから寝るように促しましょう。特に奥歯は念入りにみがくことが大事です。

2〜3歳児

4〜5歳児

歯と歯ぐきの境目と歯間、奥歯とその手前の歯、歯の裏側。
乳歯が発達して食事で使える歯が多くなってくるため、これらの部分が虫歯になりやすくなります。

6歳前後

奥歯。特に、一番奥に生える臼歯は成長まで時間がかかり、やわらかい状態が長く続くので虫歯になりやすいです。

【Q&A】小児歯科よくある質問

Q 歯みがきはいつからおこなえばいいですか?

A 乳歯が生え始めたら歯ブラシを使って歯みがきをしましょう。最初は遊びの延長で充分です。まずは歯ブラシに慣れ、歯みがきの習慣をつけることを目的にします。

小児歯科よくある質問

Q 歯みがきは1日何回したらいいですか?

A 歯みがきは毎食後必要ですが、少なくとも寝る前は必ずおこなってください。そして、重要なのは回数というより、きちんと汚れを取り除いているかどうかです。ご家庭での歯みがきの質を上げるためにも歯科医院で歯みがき指導を受け、保護者が仕上げみがきのポイントなどを習得しましょう。

Q 子どもが虫歯になったらどんな治療をしますか?

A 虫歯になってしまったら、子どもでも治療の方法は基本的に大人と同じです。歯を削ったり、詰め物をしたり、場合によっては抜歯したりと、痛みを伴うものもあります。ですから、虫歯にならないよう、家庭でのセルフケアと定期的な歯科検診が大切です。

まとめ

常に成長し、変化する子どものお口のなか。歯みがき指導やシーラントなど、お子さまのお口の健康を守るために小児歯科はとても大切です。


また、「歯医者さんはこわくない」ということを覚えさせ、歯科治療が苦痛にならないよう、小さい頃から定期検診などをおこなうようにしましょう。


何かご質問やお困りのことがありましたら、当院スタッフまでお気軽にご相談ください。