main_01
main_01
main_01

歯科矯正用語集 -あ行-

[あ]

アーチレングスディスクレパンシー

下顎第一大臼歯の近心面から反対側の近心面までの歯が排列できる歯槽基底部の長さと下顎第二小臼歯から反対側の第二小臼歯までの歯冠近遠心幅径の総和との差 抜歯やディスキングなどの基準となる

アイディアルアーチ

上顎や下顎の歯列弓の理想的な形態をいう

圧下

歯を根尖方向への移動をいう
強い矯正力を要し、歯根吸収の原因ともなる

後戻り

矯正治療終了後、保定期間または保定終了後に治療前の咬合状態に少しずつ戻ることをいう

アデノイド

咽頭扁桃の肥大をいう
多くは小児期に認められる
主な症状として、鼻呼吸が困難となり口呼吸に移行し、不正咬合の原因となる

アングル分類

1899年アングル(Angle,E.H)が発表し、今でも世界中で広く用いられている不正咬合の分類法。上顎第一大臼歯の位置不変説という仮説より、ClassⅠ、Ⅱ、Ⅲに分類し、ClassⅡにおいてはさらに、Division1と2に分けられている。

  • ClassⅠ:上顎第一大臼歯に対する下顎第二大臼歯が正常な近遠心的咬合関係にあり、他の部位に不正を伴うもの
  • ClassⅡ:下顎第一大臼歯が上顎第一大臼歯に対し正常より遠心に咬合するもの
    • div1下顎遠心咬合で上顎前歯が前突しているもの
    • div2下顎遠心咬合で上顎前歯が後退しているもの
  • ClassⅢ:下顎第一大臼歯が上顎第一大臼歯に対して正常より近心咬合するもの

[い]

遺伝的要因

親から子にDNAを通じて遺伝因子が移動することによる不正咬合の原因をいう
反対は環境的要因

インダイレクトボンディグ法

ブラケットを模型上にて歯面に適合させたものをトレーに移し取り、そのトレーを歯面に沿わせることで、ブラケットの接着位置を確実にすること
ストレートワイヤー法やリンガルブラケットを使用する場合に用いられてきた

インビザライン(invisalign)

インビザライン(invisalign)は見えない矯正装置で歯を動かす矯正。アメリカカリフォルニア州にて米国アライン・テクノロジー社が、1999年に提供を開始したマウスピース型矯正装置。

見えない矯正装置で歯を動かす矯正でひとりひとりに合わせて作った透明のマウスピースを、段階ごとに取り替えながら歯並びを治していく治療法。通常のブラケット矯正などと違い、透明に近く目立ちにくい、取り外しが可能なので、人気のある矯正方法。
※マウスピース型矯正装置(インビザライン)については、薬機法対象外の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)詳しくはこちら

遺伝的要因

親から子にDNAを通じて遺伝因子が移動することによる不正咬合の原因をいう
反対は環境的要因

[う]

うけ口・受け口

下の前歯が上の前歯より外側で咬合する場合をいう
1歯や2歯だけではうけ口とはいわない
骨格性、機能性、歯槽性に分けられる
反対咬合ともいう

裏側矯正

ブラケットを歯面の裏側につけて治療する方法をいう
唾液が循環する分むし歯になりにくい反面、磨きにくくしゃべりにくい欠点がある
舌側矯正ともいう

[え]

永久保定

矯正治療終了後、保定装置を使用しても歯列の安定が得られない場合、補綴装置、例えばブリッジや舌面板などによって固定することをいう

エステティックライン

鼻とオトガイの頂点を結ぶラインをいう
このラインを基準に口唇の突出、または後退を測る

エッジワイズ法

マルチブラケット法の代表的な治療法の一つ
ワイヤーを屈曲し3次元的に歯を移動するやり方

エッチング

エナメル質に対して酸エッチングを行うことをいう
これによりレジンの接着力を高め、ブラケットの脱離を防止する

エムティーエム(MTM)

Minor tooth movementの略 限局矯正治療(limited tooth movement)の一部、部分矯正治療、局所的矯正治療ともよばれている
全体ではなく一部分のみに対する矯正治療のこと 反対は全顎矯正治療や本格矯正治療という

エラスティック

小さい矯正用のゴム輪で、口腔内と口腔外とある
口腔内はUp&Downをかけるともいい、 上顎と下顎のブラケットやフックにゴムをかけ細かい歯の移動を行う
口腔外はヘッドギアやフェイシャルマスク、チンキャップなどに使用し、口腔外の方が大きいゴムを使用する

エラスティックスレッド

ゴムでできたひもで、埋伏歯の牽引などに使用する
断面が丸いものと四角いものがある

エラスティックセパレーター

臼歯部にバンドを装着する前にバンドスペースを確保するため、歯間分離を行う材料のこと
装着後1週間程度で歯間が分離する

エルループ(Lループ)

L字型、ブーツ様の形をしたループのこと
歯を並べるときや挺出や傾斜させるときに使用する

遠心移動

遠心移動

[お]

オーバーコレクション

矯正治療が終了後の後戻りを想定し、過剰に歯を移動しておくことをいう

オーバージェット

上顎切歯と下顎切歯の水平的なかみ合わせをいう
過剰なものは上の前歯が出ていること

オーバーバイト

上顎切歯と下顎切歯の垂直的なかみ合わせをいう
過剰なものはかみ合わせが深いこと

オープンコイルスプリング

コイルスプリングを歯と歯の間に圧縮して装着し、その間を開けるために使用する
主に叢生治療や埋伏歯のスペース確保のときに使用することが多い