main_01
main_01
main_01

歯科矯正用語集 -ま行-

[ま]

埋伏歯

歯が生える時期を過ぎても歯が骨の中や歯肉の下に埋まっている歯
歯が骨のなかに完全に埋まっているものを「完全埋伏歯」、歯の一部が見えているものを「半埋伏歯」または「不完全埋伏歯」という
埋伏歯のなかで最も多いのが第三大臼歯、いわゆる親知らず
埋伏歯があると手前の歯が圧迫されて痛みを感じたり、歯並びが悪くなったりすることがある

マウスピース矯正

ワイヤーやブラケットを使用せず、自分で取りはずすことができる透明なマウスピースを用いて歯を動かす矯正法
毎日20時間以上(種類により異なる)の装着が必要で、定期的に形の異なる新しいマウスピースに交換して歯を移動させる
マウスピースは透明で薄いので目立ちにくのがメリット

マルチブラケット法

歯に接着させたブラケットにワイヤーを通し、歯列を動かして歯並びを整えていく治療法
現在の歯列矯正で多く使用されるベーシックな方法
マルチブラケット法で使用するブラケットは、金属製、セラミック製、プラスチック製など、さまざまな素材のものがある

マルチリンガルブラケット法

裏側矯正のこと
歯の裏側に装置をつけて治療をする方法
1970年代に世界に先駆けて日本で開発された治療法
現在はすべての症例に適応可能

丸ワイヤー

断面が円状となっているアーチワイヤー
治療の初期段階で使用されることが多い

[み]

醜いアヒルの子の時期

上顎の前歯が生えたばかりで、すき間が空いている時期のこと
ugly duckling stageという
隣の歯が生えてくると自然と閉鎖することが多いが、問題がないかの判断はむずかしいので歯科医師へ相談することが望ましい

見えない矯正

歯の裏側(舌側)にワイヤーとブラケットを着け矯正治療を行なう方法
矯正治療中も見た目に気づかれることなく歯並びをきれいにすることができる

[む]

無歯顎

歯を全て失った顎のこと

[め]

メタルセラミック

かぶせ物や差し歯がセラミックで覆われ、中が金属で補強してあるもの
土台に金属が使われているのでオールセラミックと比べて丈夫
奥歯やブリッジなど、強度が必要な場合に使われる
天然の歯と色調が似ているので見た目が自然
オールセラミックよりも透明感は劣るが、費用が比較的抑えられる

メラニン除去

歯ぐきのメラニン色素沈着を取り除き、もとのピンク色の綺麗な歯ぐきを取り戻す治療
主にレーザー治療が行われる
メラニン色素の沈着は喫煙習慣などが原因となる

メタルタトゥー

歯の治療時に使用した金属のかぶせ物や土台から金属が溶出したりすることで起こる歯ぐきの黒ずみのこと
その黒ずみを落とすには電気メスなどを使用した切り取る手術が必要になる

[も]

模型

印象に石膏を流し込んで固めたもの
矯正歯科ではこれに7角形または6角形の台を付けて診断用模型とするのが通例